山猫軒

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

関連記事

春の高校バレー2013 第65回全日本バレーボール高等学校選手権大会(女子:決勝戦)

下北沢成徳(東京第1代表) 3 対 0 誠英(山口代表)
25-21
33-31
25-23

2002年決勝の大山(成徳)対栗原(三田尻)と同じカード

攻撃の下北沢成徳、守備の誠英。
1セット目から、大変な試合展開!

下北沢成徳は、
加藤、小笹、土屋の決定率が高く調子がいい。
辺野喜が全く目立っていないが、この3人で点数を重ねていく。
辺野喜はブロックがいい。
そのブロックを買われての、ミドルポジションか?
しかし来年は間違いなくエースポジションであろう!

誠英は、
一本で決めるアタッカーはいないが、ブロックリバンドを取り、しぶとく攻撃を繰り返す。
尋常じゃない集中力で、守備から攻撃を仕掛けていく。
リードしている時はいいが、リードされると決定力が無い分、厳しい感じ。

大接戦の試合を制したのは、攻撃力の下北沢成徳であった。
しかし、ほとんどの中学・高校は誠英の様なチーム作りを目指すのであろう。
スポンサーサイト

関連記事

春の高校バレー2013 第65回全日本バレーボール高等学校選手権大会(男子:決勝戦)

星城(愛知代表) 3 対 1 大塚(大阪第1代表)
25-18
23-25
25-21
26-24

星城は、
エース石川・オポジット武智を中心に攻撃。
多少サーブで崩されても、石川へボールを集めれば、得点につながる。
オープン攻撃中心に見えるが、センター線も機能している。
平均身長で、6~7cm大きい星城は、時間差攻撃でなければ、その高さを発揮。
やはり、星城は石川のチーム、3枚ブロックを逃げること無く打ち込んでいくエースは信頼感抜群。

大塚は、
多彩なコンビ・時間差攻撃で相手ブロックを無力化している。
特に、ラリーの中のバックアタックはスピードがある。
星城がバックアタックにブロックを付けないため、バックアタックを多用。
しかし、その多彩な攻撃もレセプションしだい。
小さなチームでも、攻守を磨き決勝戦まで勝ち上がって来れる。
すべてのバレーボール選手のお手本にしたい。

両チームともディグ(スパイクレシーブ)が良く、
アタック打ち合いの見所のある試合だった。

大塚は、リードする場面もあったが、セット後半に決めきれなかった。

星城、インターハイ・国体・春高の3連覇おめでとうございます♪
関連記事

春の高校バレー2013 第65回全日本バレーボール高等学校選手権大会(2回戦)

岩手県勢は3回戦、
女子 盛岡女子 0 対 2 誠英(山口)
20-25
10-25

盛岡女子は3年連続19回目、大和南は23年連続33回目

1セット目
立ち上がり、サイドアウトを繰り返す、一進一退の攻防。
両チームリズムが掴めず試合が進んでいく。

盛岡女子は、2回戦の様なセンター線攻撃がないため、単調なサイド攻撃になっている。その攻撃がブロックに捕まっている。

中盤から、誠英はセンター線にボール集めたり、サイドへの早い攻撃ろ組み合わせ、少しずつ点差を端しだす。
盛岡女子も、センター宮本を絡めた攻撃をするも決まらず苦しい展開。

サブセッター小田を投入し、細川をサイドアタッカーへ!
金野・細川が前衛の時は、勢いを感じるが、この2人が後衛の時に連続得点を上げることが出来ない。


2セット目

誠英高校は、レセプション・ディグ・フォローと守備の面で完成度が高い。
この守備力で、長いラリーを何度も取り、ジリジリと点差を開いていく。

逆に、盛岡女子のレセプションがAキャッチできていない。
2セット目も、金野が後衛時が我慢のしどころ。

中盤からは、一気に誠英ペース。

両チームとも絶対的エースがいない中、より守備力の高いチームに軍配が上がった。

関連記事

春の高校バレー2013 第65回全日本バレーボール高等学校選手権大会(2回戦)

岩手県勢は2回戦、
女子 盛岡女子 2 対 0 大和南
25-21
26-24

盛岡女子は3年連続19回目、大和南は8年連続9回目
前年、ともにベスト8!2回戦の好カード!

盛岡女子は、
1回戦を突破したことで、全プレーヤの動きが良くなっている
とくにセンター宮本の速攻が良かった。
このセンター攻撃のお陰で、サイドアタッカーが楽になったであろう。

エースの金野は、攻守に大活躍!
思い切りの良いスパイクを打ち込んでいた。
思い切り打てるのも、仲間がブロックフォローしてくれるという、
安心感からだろうか!
将来、迫田の様な選手になれる期待感がある!

盛岡女子は、普段からツー攻撃(2回で攻撃)を練習しているのだろうか、
1本目から、セッターを飛ばして2段トスを上げ攻撃をしている。
これを意図的に仕掛けられると、相手はリズムを崩すかもしれない。

サブセッター小田を入れてからの、レセプションが悪く、
細川を生かしきれていないのが残念ではあるが、
盛岡女子の切り札になるのは間違いない!
今後、強豪校と当たった場合、細川をスパイカーとして、
より多く使うこともあってもいいのではないか。
そのぐらい、小田のトス回もなかなか良かった。

大和南は、
おそらく平均身長では盛岡女子を上回っているだろうが、
スパイク・ブロックとも、それを感じさせることは無かった。

盛岡女子の独特のサーブの間が、Aキャッチをさせていなかったのか?
Aキャッチさえ出来れば、多彩な攻撃を見せていただけに惜しい!

ただ、1年生エースの白井は、将来有望なことは間違いないでしょう。
2セット目、終盤の連続ポイントは見事でした。

関連リンク
 組み合わせ
 公式サイト バボChannet
 日本バレーボール協会

関連記事

第65回全日本バレーボール高等学校選手権大会(春の高校バレー)が始まりました。

岩手県勢は1回戦で、
男子 一関修紅(岩手) 0 対 2 開智(和歌山)
20-25
22-25

一関修紅は、27年ぶりの7回目、開智は18年連続18回目
硬さがあったか、一関修紅。
地元一関開催の岩手県予選では、もっとノビノビとプレーしていたように感じた。
一方、開智高校は18年連続出場で、大きな舞台に緊張せずプレー出来たか。

やはり、高校生ともなると、ブロックの出来が試合を左右する。
開智高校が、ABクイックを使うため、サイド攻撃にブロックが間に合っていない。
データ収集できていれば、もう少しブロックをかけることができたか?

サイドアタッカーの能力的には、一関修紅のほうが上に見え、
両校レフトの打ち合いになった場合、一関修紅に部があっただろう!

しかし、開智高校は、強気なセッターがセンター線を多用し、
そのセンター攻撃に対応出来ず、リズムに乗りきれず負けてしまった様に感じた。


女子 盛岡女子(岩手) 2 対 1 開智(和歌山)
19-25
25-19
25-13

盛岡女子は、3年連続19回目、開智は10年ぶり4回目

開智高校は、サイドアタッカーに上手さがあるが、怖さはない。

エース金野とセッター細川が前衛にいるローテは、盛岡女子の得点源
金野にボールを預ければ決めてくれるという、安心感がある。

メンバーチェンジでセッター対角にサブセッターの小田を入れ、
セッターの細川をアタッカーにすると一気に流れが加速!
身長が高く、アタックの打てるセッターは魅力的。

今年は、前年度のベスト8を超えられるか?

関連リンク
 組み合わせ
 公式サイト バボChannet
 日本バレーボール協会

関連記事


先週の日曜日、フジテレビ主催の「平成24年度バレーボールコーチングキャラバン第3回岩手教室」が、
盛岡南高校で開催され参加してきました。

 このコーチングキャラバンは、
東日本大震災により被災した東北3 県(福島・宮城・岩手)に1カ所ずつのバレーボール活動の拠点を高等学校におき、拠点地での練習会を基本に小学生から高校生までの一貫指導を行う。バレーボーラーの発掘育成並びに被災地域へのスポーツ活動支援を行い、地域活性化を図るとともに青少年の健全育成を目指す。
講師として、元全日本バレーボール選手及び監督、拠点地となる高等学校チームの監督が指導にあたるほか、拠点となる高校所属チームの選手自身も小中学生へのアドバイス等を行うことにより、一貫指導の新たな取り組みを目指す。

元全日本選手や高校生から指導をうけ、子供達も多くの刺激を受けたことだと思います。
残念ながら、このコーチングキャラバンは、今回で終了!

もっと、継続して指導を受けたいと感じた一日でした。





今日の夜練では、
早速、コーチングキャラバンで学んだ練習メニューを取り入れたら、
ボールのつなぎが良くなり、全体の動きも良くなっている様に感じました。

関連記事

通称、春高バレー:全日本バレーボール高等学校選手権大会の岩手県予選観戦のため、一関総合体育館(ユードーム)へ行って来ました。

少しでも、バレーボールの勉強になるのではと、中学生の教え子を連れて(・ω・)/



決勝戦は、不来方高校vs一関修紅

不来方 1 : 3 一関修紅 一関修紅の優勝!
25:20
19:25
21:25
20:25

一進一退の攻防ではあったが、硬さからか?ミスの多い一関修紅。
序盤のリードを守り不来方が1セット目を取りはしたが?

1セット目に、エースの石ヶ森(4番)のパイプ攻撃を3枚ブロックで封じていたのは、
このあとの試合展開に大きな影響があったのではないか?!

不来方は、藤田(1番)、石ヶ森(4番)の両エースが奮闘。
しかし、前衛の攻撃が1枚と、わかり易いチームは守備するに容易く見えた!
パイプ攻撃を封じられたのが大きく感じた(レセプションをせず、バックアタックもしない!)

一方、一関修紅は、
佐々木(1番)、千葉(3番)、笹川(4番)、西村(5番)、浜田(6番)、今野(7番)
スタメン全員がスパイクとブロックに切れが!
2セッターを生かした攻撃が良かった!

2セット目の、たしかS4での連続得点(失点)も、
不来方の攻撃パターン不足からか?大量10点差に!

終わってみれば、
勝つべくして勝った一関修紅のバレーは見事でした!




関連記事


フジテレビ主催の「平成24年度バレーボールコーチングキャラバン第2回岩手教室」が、
盛岡南高校で開催され参加してきました(引率者として(^^ゞ)

指導者に、井上謙(いのうえ ゆずる)さん、三屋裕子さん、吉田清司(岩手県出身)さん等
子供達は、よくわかっていなかった様だけど...凄い方々なんだよ!

小中学生を対象にした、バレーボール教室は、
ランニン、体操、ウォーキングストレッチ、キャッチボール等
基礎練習から始まり、
その基礎練習、一つ一つに意味があることを教えていただきました。

普段の練習で、私自身も同じ事を、指導してきていましたが、
今回、改めて自覚することができていれば嬉しいです。
例えば、
キャッチボールは、サーブやスパイクフォームを意識したフォームで!
オーバースローは、ブロックの最終型を意識したフォームになるように!
また、バレーボールのなかで、意外と難しいミート練習をしてくれたことは、
子供達の為になったと思いました。

今回のバレーボール教室は、
直接の指導は、盛岡南高校のバレー部の生徒で、
高校生も後輩を指導することにより、
バレーボールの奥の深さ、指導する楽しみ、基礎に戻り丁寧なプレーを心がける事ができ、
貴重な体験をすることができたと思います。

今回のバレーボール教室を体験して、
何か一つでも、得るものがあればいいなぁ~

そして、願わくば、世界で活躍する選手に育ってほしいい!
それが無理でも、バレーボールが好きで、
一生涯バレーボールを続けて欲しいと願います!








関連記事

バレーボール「Vプレミアリーグ」男子セミファイナルが岩手県花巻市で行われ、最終日の日曜日観戦してきました。
東日本大震災の復興支援を兼ねた大会で、本県はもちろん東北でのセミファイナル開催は初。
トップレベルの迫力ある試合に魅了されました。

セミファイナルに残るチームだけあって、全日本代表選手が迫力あるプレーを見せてくれました。

私は、個人的に東レの米山裕太選手を応援!
サーブにレシーブにスパイクにとフル回転の大活躍で、東レが勝利!

ファイナルでの活躍を期待します。

今回は、東日本大震災で被災した児童生徒らを対象にしたバレーボール教室が行われ、
アテネ五輪日本代表の大山加奈さんや全日本男子監督の植田辰哉さんら講師陣が指導してくれました。

関連記事

ロンドン五輪出場権を得ることの出来る、ワールドカップバレー。
連夜、熱戦を繰り広げています。

大会の順位は、FIVBスポーツレギュレーション8条に基づき、勝点にて決定される。

ここで議論になっているのが、勝点制!
①セットカウント3-0、もしくは3-1で勝利した場合:3ポイント
②セットカウント3-2で勝った場合:2ポイント
③セットカウント2-3で負けた場合:1ポイント
④セットカウント1-3、もしくは0-3で負けた場合:0ポイント
※ チームが同ポイントで並んだ場合は、勝利数、セット率、ポイント率の順で決定。2チーム間で勝負がつかない場合は両者の最新の試合で勝利したチームを勝ちとする。

ん???③セットカウント2-3で負けた場合:1ポイント
負けても、フルセットまで戦えば...勝点1

11戦全勝しても全てフルセット勝利だと勝ち点は22どまり
6勝5敗であっても6勝全てが3-0ないし3-1で5敗全てがフルセットでの負けだと勝ち点が23
5勝6敗であっても5勝全てがフルセット勝利で6敗が全てが0-3ないし1-3だと勝ち点が10
0勝11敗でも全てフルセット負けだと勝ち点11

つまり....
5敗したチームが、11戦全勝したチームより順位が上になってしまう!
しかも....
全敗しても、5勝したチームより順位が上になってしまう!

多少極端な、考え方かもしれないが....

ちなみに...
今大会のワールドカップで五輪出場を逃した場合
・日本で開催される世界最終予選で出場権を争い、最上位チーム3カ国およびそれを除くチーム中、アジア圏の最上位チームが出場権を獲得する
関連記事

長年使い続けてきたシューズがついに壊れてしまい、新しいのを買いました。コーチしてるだけだし、足が大きくなるわけじゃないし、今まで新しいのを買わずにいたんです。

購入したのはコレ

全日本女子≪荒木絵里香・井上香織選手≫使用ミズノ(mizuno)ウエーブジャンプ TR2(09:ホワイ...
全日本女子、荒木・井上選手と同モデル!!


関連記事

日本男子バレーオリンピック出場おめでとうございます。
ホントにホントに良かった!
強くなった!
感動した!
ありがとう日本男子バレー

関連記事

岩手のお酒

岩手の麺類

岩手のスイール・お菓子

岩手のお店を応援!!

Amazonクラウド

ブログ内検索

プロフィール

yaccul

yaccul(やっくる)です。 1973年生まれ。岩手生まれ岩手育ち。ラーメンとビールが大好き。食べ歩き、風景写真を通じて岩手の魅力をちょっとだけ紹介...普段は普通の会社員のため、週末ぐらいしか更新しませんが.. 中学生男子バレー部のボランティアコーチをしています♪

月別アーカイブ

05月 04月 12月 09月 08月 07月 06月 05月 03月 02月 01月 12月 11月 10月 09月 08月 07月 06月 05月 04月 03月 02月 01月 12月 11月 10月 09月 08月 07月 06月 05月 04月 03月 02月 01月 12月 11月 10月 09月 08月 07月 06月 05月 04月 03月 02月 01月 12月 11月 10月 09月 08月 07月 06月 05月 04月 03月 02月 01月 12月 11月 10月 09月 08月 07月 06月 05月 03月 02月 01月 12月 11月 10月 09月 08月 07月 06月 05月 04月 03月 02月 08月 06月 05月 04月

カテゴリ

タグ一覧

RSSリンクの表示

最新トラックバック

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事表示リンク

最新コメント

Twitter

お知らせ

当ブログがトリップアドバイザーのおすすめブログとして推奨されました。

QRコード

QR
Copyright © yaccul / Designed by Paroday
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。